神奈川県の傷害事件を弁護士に相談

横浜市の傷害事件の相談例

〇傷害事件で刑罰を科せられてしまいそうな方
〇伊勢佐木警察周辺の傷害事件を弁護士に相談したい方
〇ご家族・ご本人が神奈川県横浜市で傷害の加害者になってしまった方

このような傷害事件の加害者側の方の相談・依頼を受け、不安を解消いたします。

これから兄は裁判をされるのでしょうか。力を貸してください。兄がつい先刻料理店で暴力の当事者となり、あちら側に全治4週間の靭帯損傷を負わせた疑いがあるとのことで、伊勢佐木の警察から呼び出され勾留されていると知らせを受けました。

横浜市の傷害事件であればアトム法律事務所の横浜支部で相談できます。ご家族が警察で取り調べを受けた場合は30分の無料相談が可能です。また、弁護士が直接留置所に行きご本人に出張相談する初回接見サービスもあります。

兄は刑務所に入れられてしまうのでしょうか?兄はボルダリングが日課の凡俗の建設機械運転従事者なんです。何とか大事に至らずに解決できませんか?

大事に至らずに解決するためには、司法機関に的確に対応できる経験豊富な弁護士にコンタクトをとることが最適です。まずは無料の来所相談やLINE相談で弁護士に相談してみるか、初回接見サービスで出張相談を依頼してみましょう。

そうなんですか。兄の置かれた状況を今すぐ知りたいので、まずは初回接見サービスを依頼してみます。

勾留を避けたい方、公判を受けたくない方へ

横浜市の傷害と致傷の違いでお悩みの方の力になります。

傷害事件では被害者側から厳罰を望まない旨の嘆願書を得ることができれば勾留を避けられる可能性や公判を受けないで済む可能性が上がります。

しかし、一般の方が示談をするのは、十分な内容の示談書を締結できず、紛争が蒸し返される可能性がある、などの事情で非常に困難であるため、速やかに弁護士に相談し弁護活動を依頼することが示談締結のためには重要になります。

刑事事件は時間との勝負です。なるべく速やかに刑事弁護の専門家に相談することで、勾留を避けられたり、公判を受けないで済む可能性が高まります。

神奈川県の傷害事件でお悩みなら

アトム法律事務所横浜支部の情報

  • 伊勢佐木警察署付近での刑事事件
  • 横浜市にお住まいの方の傷害と致傷の違いの相談事

以上の事件のご相談や弁護活動は、アトム法律事務所では、横浜支部の弁護士が担当しています。(事案によって担当支部が異なる場合がございます)ご相談者やそのご家族が横浜市で逮捕されてしまった場合、アトム横浜の刑事専門弁護士を出張させることもできます。

伊勢佐木警察署の窓口に公式ホームページをご確認ください。

所在地 神奈川県横浜市西区北幸1-11-5
最寄駅 「横浜」徒歩3~5分
電話番号 0120-631-276(24時間365日、専属スタッフ対応)
相談料金 初回30分の無料相談あり(詳しくはお電話ください)

※このページの内容は2016年7月時点の情報です。

傷害と致傷の違いで困っている方は以下の記事もあわせてご覧ください。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。