青森県の傷害事件を弁護士に相談

青森市の傷害事件の相談例

〇ご家族・ご本人が青森県青森市で傷害の加害者になってしまった方
〇青森警察管轄地域の傷害事件を弁護士に相談したい方
〇傷害事件で刑罰を科せられてしまいそうな方

このような傷害事件の加害者側の方の相談・依頼を受け、不安を解消いたします。

このままだと彼氏は社会に犯罪者として認知されてしまうのでしょうか。力を貸してください。彼氏がつい先ほどティールームにおいて傷害沙汰の張本人となり、相手の男性に加療7週間の胸骨骨折を負わせたことを疑うに足る合理的根拠があるとのことで、青森の警察に呼び出されパクられたと言われました。

青森市の怪我を負わせた事件であればアトム法律事務所の新宿支部で相談できます。ご家族が警察に呼び出しを受けている事案は30分の無料相談が可能です。また、弁護士が直接留置所に行きご本人に出張相談する初回接見サービスもあります。

いま私にできることは何ですか?彼氏は映画撮影がホビーの普通の圧延工なんです。彼氏は帰ってこられるのはいつになりますか?

いまできることは、捜査機関に的確に対応できる刑事事件に詳しい弁護士に話を聞くことが最適です。まずは無料の来所相談やLINE相談で弁護士に相談してみるか、初回接見サービスで出張相談を依頼してみましょう。

そうですか。彼氏の気持ちを早く知りたいので、まずは初回接見サービスを申し込みます。

勾留期間を短くしたい方、刑務所行きを避けたい方へ

青森市の傷害と警察で頭を抱える方に向けての内容です。

刑事事件は時間との勝負です。今すぐに刑事弁護のプロフェッショナルである弁護士に相談することで、勾留期間が短くなったり、刑務所行きを避けられる可能性が高まります。

傷害事件では被害者と関係修復することができれば勾留期間が短くなる可能性や刑務所行きを避けられる可能性が上がります。

ですが、一般の方が示談をするのは、被害者の連絡先を知ることができない、などの事情で非常に困難であるため、速やかに弁護士に相談し弁護活動を依頼することが示談書を得るためには重要になります。

青森県の傷害事件でお悩みなら

アトム法律事務所新宿支部の情報

  • 青森警察署管轄での刑事事件
  • 青森市にお住まいの方の傷害と警察の困りごと

以上の事件のご相談や弁護活動は、アトム法律事務所では、新宿支部の弁護士が担当しています。(事案によって担当支部が異なる場合あり)ご相談者やそのご家族が青森市で逮捕されてしまった場合、アトム新宿の刑事専門弁護士を出張させることもできます。

青森警察署の場所は公式HPをご確認ください。

所在地 東京都新宿区西新宿1-13-8
最寄駅 地下鉄「新宿」徒歩2分
JR・私鉄「新宿」徒歩3分
電話番号 0120-631-276(24時間365日、専属スタッフ対応)
相談料金 初回30分の無料相談あり(詳しくはお電話ください)

※このページの内容は2016年7月時点の情報です。

傷害と警察で窮している方は以下の記事もあわせてご参照ください。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。