▼傷害罪のケース
平成5年7月1日ころ、長野県長野市で、若い頃の先輩(41歳)に対し暴力を振るい、全治約10週間の鋤骨骨折の怪我を負わせた傷害罪の容疑で、長野市管轄の検察官から呼び出しを受けています。全治約10週間の鋤骨骨折だと、前科を付けない弁護活動は難しいですか?若い頃の先輩に弁護士を通じて許しを請いたいです。

▼弁護士からアドバイス
若い頃の先輩に鋤骨骨折の傷害を負わせた行為は、傷害罪という犯罪を構成します。前科を付けないためには、若い頃の先輩と和解の上で仲直りすることが大切です。示談解決金の見積もりに際しては、鋤骨骨折が全治約10週間だったことが重視されます。若い頃の先輩から許してもらえば、前科を付けない可能性が高まります。

[傷害現場に関する情報]
中核市である長野県長野市の法定人口は36397 人、推定人口は33827 人、増減率は-0.99%です。推定人口の統計年月日は2014年8月1日でした。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。