▼傷害罪のケース
平成10年4月19日ころ、京都府城陽市で、相馬氏(43歳)に対し暴行を加え、全治約5週間の捻挫の傷害を負わせた傷害事件で、城陽市を管轄する警察官から任意出頭を求められています。全治約5週間の捻挫だと、勾留されないのは困難ですか?相馬氏に弁護士を通じて謝りたいです。

▼弁護士からアドバイス
相馬さんに捻挫の傷害結果を惹起した行為は、刑法204条に違反します。勾留されないためには、相馬さんと示談契約を結ぶことが大切です。損害賠償金の決定に当たっては、捻挫が全治約5週間だったことが検討要素になります。相馬さんと示談できれば、勾留されない可能性が高まります。

[傷害現場に関する情報]
京都府城陽市の法定人口は179464 人、推定人口は182720 人、増減率は-2.56%です。推定人口の統計年月日は2014年8月1日でした。

※注意※
上記は、対応できる相談の一例です。実際の相談例ではありません。弁護士は実際の対応できる相談に対しては守秘義務を負っています。インターネット上で対応できる相談の詳細を公開することはありません。秘密が外部に漏れることは絶対にありませんので、ご安心ください。