逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 傷害罪は親告罪?

傷害罪は親告罪?

傷害罪は親告罪?

このページでは、傷害罪の性質や、そもそも親告罪とはどのような犯罪を指すのかについて、解説しています。

弁護士相談では、ご相談者の個人的な悩みや不安について、弁護士から直接、詳しい回答を得ることができます。

傷害罪は親告罪か?

法律相談を受けていると、「親告罪というものがあると聞きましたが、傷害罪もそれに当たるのですか?」という質問をいただくことがあります。残念ながら傷害罪は親告罪ではありません。ただし、被害の程度が軽ければ、示談をして被害者から許してもらえれば、不起訴処分になる可能性が高い事件類型です。

  • 親告罪とは?

親告罪とは、刑事告訴がなければ起訴できない犯罪をいいます。

刑事事件を起訴するかどうかの決定は、検察官の専権とされています。検察官が独自に判断し、刑事事件を起訴するかどうかの決定を下すことが原則です。しかし、親告罪の場合は、被害者の告訴がなければ、検察官がどれだけその事件を起訴したいと考えても、起訴することができません。被害者の意思の方が、検察官の判断よりも優先されるのです。

  • 親告罪と示談の関係は?

親告罪は、被害者側から告訴がなされていなければ、事件を起訴することができません。また、一度提出された告訴も、事件が起訴される前であれば、被害者側はこれを取り消すことができます。つまり、当初は告訴が出された事件であっても、起訴前に示談がまとまり、告訴が取り消されれば、検察官は事件を起訴することができないのです。

したがって、もし親告罪で被害者から警察に訴えられたら、速やかに示談を交わして、刑事告訴を取り下げてもらうことが重要になってきます。告訴が取り消されれば、事件を起訴することができなくなる以上、これに伴って、捜査も終了となります。

なお、親告罪は、刑事告訴がなければ起訴できないというだけであって、逮捕されないというわけではありません。告訴状が出されていない段階であっても、逮捕されることは法律上あり得ます。

  • 親告罪の具体例は?

親告罪の例としては、性犯罪が挙げられます。たとえば、強姦罪や強制わいせつ罪などです。そのほかの例としては、器物損壊罪、名誉毀損罪、過失致傷罪、親族間で行われた窃盗などです。

親族間で行われると親告罪となるものとして、ほかにも詐欺・恐喝・横領などがあります。

  • 傷害罪は親告罪か?

傷害罪は、親告罪ではありません。傷害罪は告訴がなければ起訴できないとする条文が存在しないためです。そのため、示談を交わして告訴を取り取り下げたとしても、必ずしも不起訴になるとは限りません(つまり、法律上は起訴される可能性は残ります)。

  • 傷害罪で不起訴になる場合とは?

とはいえ、示談をしても起訴される可能性が残るからといって、悲観することはありません。たしかに傷害罪は親告罪ではありませんが、初犯や前科1犯なら、けがの程度次第で、示談をして不起訴になることが見込めるのです。

示談の際に、被害者から検察官宛てに、加害者について寛大な処分を希望する旨の嘆願書を作ってもらう、被害届を取り下げてもらう、告訴状が出されている場合には刑事告訴も取り下げてもらうなどの活動を行えば、不起訴になる可能性が高まります。

傷害罪の弁護士相談

酔っ払った帰り道、男を殴ってケガをさせてしまいました。被害届を出されてしまい、今後のことで悩んでいます。

先日、仕事の後で飲みに行きました。飲み過ぎて、帰り道は気持ち悪くて吐きそうになりました。歩道の脇の植え込みの方に前かがみになり、空えずきを繰り返していました。視線を感じたので横に目をやると、ジャージ姿の若い男がこちらを見ていて、目が合いました。すると、男は私を軽蔑するかのような眼差しで見てきたのです。

私はそんな眼差しで見られたことに腹が立ち、「なんだよ、言いたいことがあるなら言えよ」といって殴りかかりました。運悪くパンチは男の顔面に命中してしまい、男は鼻血を出しました。

そこにパトロール中の警官が駆けつけ、私は警察署へ行って取り調べを受けました。相手の男は怒っており、傷害罪の被害届を出したと聞いています。親告罪は告訴を取り消せば起訴できないと聞きました。もし傷害罪も親告罪なら、示談をして告訴を取り消してもらい、不起訴にもっていきたいです。

なお、私の両親としても、訴えられたら示談をして、被害届と告訴状を取り下げてもらうのが一番良いと考えているようです。刑事告訴が残ったままだと、逮捕される可能性があると言っています。これは本当でしょうか?

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017