逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • アトム弁護士事務所の特徴は?

アトム弁護士事務所の特徴は?

岡野武志(弁護士、アトム法律事務所弁護士法人代表社員)


アトム弁護士事務所の特徴

  • 特徴1 刑事事件と示談に強い弁護士であること

アトム法律事務所は、平成20年に「刑事事件だけを取り扱う弁護士事務所」というコンセプトで誕生した法律事務所です(※現在は民事も可)。開業以来、新宿、北千住、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡と弁護活動の拠点を増やし、全国の刑事事件を取り扱ってきました。弁護活動を通して被害者との示談を成立させ、事件を円満に解決した事例も数多くあります。そして、アトムでは、各弁護士が弁護活動を通して修得したノウハウを独自のデータベースに集積して、アトムの弁護士が参照できるようにしています。

そのため、傷害事件などの刑事事件を起こしてしまったとき、アトムに相談をすると、過去の事例に基づいた的確なアドバイスを受けることができます。被害者のケガの程度や傷害を起こしてしまった状況によって異なる刑罰の量刑や、刑罰を避けるための対処法を弁護士に聞くことができます。刑罰を避けるのに非常に有効な被害者との示談も、安心してお任せください。

  • 特徴2 傷害・暴行事件の弁護の実績と経験が豊富であること

アトムは刑事事件の中でも、性トラブルや傷害事件といった、都市で起こることが多いトラブルを数多く解決してきました。傷害事件の被害者との示談交渉は、被害者が加害者に対して悪い感情を持っていることが多く、決して容易ではありません。しかし、アトムの弁護士には、難しい傷害事件の示談交渉を成功させた経験と実績が豊富なので、安心してお任せいただけます。

  • 特徴3 24時間365日スタッフの直接対応を受けられること

刑事事件を中心的に取り扱うアトム法律事務所は、24時間365日体制で対応しています。深夜でもスタッフから直接対応を受けることが可能です。傷害・暴行事件は、お酒を飲む夜間や土日に起こることが多いですが、その時間帯にも窓口を開いている弁護士事務所は多くありません。アトムなら専属スタッフが常駐しているので、夜間や土日に緊急事態が起きたときでも、傷害事件直後の対応を確認することが可能です。

24時間365日体制なので、弁護活動を依頼した後もご安心いただけます。警察から急な連絡が来たときや警察が突然家にやって来たときでも、アトム専属の常駐スタッフに電話して、弁護士に状況を伝え、急ぎで最善の対処方法を知ることができます。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017