逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 京都支部

京都支部

所在地

〒600-8008
京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町8 京都三井ビル3階

アトム法律事務所'.$titleoffice.' アトム法律事務所'.$titleoffice.'最寄り駅

アクセス

公共交通機関をご利用の方

市営地下鉄烏丸線四条駅

四条駅北改札口を出て正面の階段を上がり、地下連絡通路21番出口から直通する京都三井ビルの3階(地階のエレベーターでお越しください)。

阪急京都線烏丸駅

烏丸駅西改札口を出てすぐ右折し、地下連絡通路21番出口から直通する京都三井ビルの3階(地階のエレベーターでお越しください)。

お車でお越しの方

カーナビで「京都三井ビル」または「京都三井ビルディング」と入力してお越し下さい。
近くのコインパーキングをご案内いたします。0120-631-276まで事前にご一報ください。

大阪・奈良方面から

第二京阪道路・阪神高速8号の京都線鴨川西出口を出て道なりに河原町通りを北上し、河原町通七条交差点で左折し直進する。七条通りを西に直進し、烏丸七条交差点で右折して烏丸通を北上し(約1.7km直進)、四条通の交差点の角、進行方向右手にあるギリシャ風の白いビル(1階が三井住友銀行)。

京都北西部方面から

国道9号線(山陰道・西五条通り・五条通り)を進み、桂川を越えて五条通(国道9号線と同じ)を東に直進し、阪急京都線・山陰本線・堀川通りを越えて烏丸五条の交差点に出たら左折する。烏丸通を北上し、四条通の交差点の角、進行方向右手にあるギリシャ風の白いビル(1階が三井住友銀行)。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017