逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 傷害罪の時効は?

傷害罪の時効は?

このページでは、傷害罪の時効の意味・内容・特徴や、傷害罪の時効の起算点などについて、解説しています。

弁護士相談では、ご相談者の個人的な悩みや不安について、弁護士から直接、詳しい回答を得ることができます。

傷害罪の時効とは?

傷害罪の時効は10年です。犯罪行為が終わってから10年間、起訴されず、時効の停止事由もないまま経過したときは、それ以降は事件を起訴することができなくなります。

時効とは? 時効の定義、意味は?

時効には、「一定の期間を経過すると起訴できなくなる時効」と、「一定の期間を経過することで刑が執行されなくなる時効」との2種類があります。巷でよく使われる「時効」とは、前者の、一定期間の経過によって起訴することができなくなる時効を指しています。以下でも、「時効」というときは、この意味での時効を指します。

なお、時効と似たものとして、告訴期間があります。告訴期間とは、親告罪について、一定の期間を経過することで告訴ができなくなる期間をいいます。6ヶ月間とされています。

親告罪に告訴期間が設けられている理由は、告訴権を行使できる期間を無制限に認めると、国家が刑罰権を発動できるかどうかを、私人である告訴権者の意思によっていつまでも流動的な状態に置かれることになるという点にあります。

時効の意義、目的は?

一定期間の経過により起訴できなくなるという時効の仕組みは、なぜ作られたのでしょうか。一般的な説明としては、長期間にわたって起訴されない状況が続いたという事実状態を尊重することや、長期間起訴されないことにより、犯罪による社会的影響が微弱になることが挙げられています。

また、長期間起訴されないでいると証拠が散逸してしまうため、誤判が生まれる危険があるので、それを防ぐこと、という理由も挙げられています。

傷害罪の時効期間は?

傷害罪の時効期間は、10年です。ちなみに、傷害致死罪の時効期間は、20年です。これらの期間、時効が中断したり停止したりすることなく期限を経過すると、それ以降はその事件について起訴をすることができなくなるのです。

傷害罪の時効はいつから進行するか?

傷害罪の時効の起算点は、傷害結果が発生した時点から時効が進行すると考える立場が一般的です。傷害罪では傷害結果が社会的影響の重要な要素ですので、その結果が発生するまでは、犯罪による社会的影響は微弱にならないからです。

時効は停止するか? 時効は中断するか?

時効は、停止することがあります。停止した場合、時効期間はゼロに戻るのではなく、停止事由がやんだときに、停止前の期間からまた進行します。では、時効はどのような場合に停止するでしょうか。

第1に、事件について検察官が起訴をした場合に、時効は停止します。この場合、管轄違いまたは公訴棄却の裁判が確定した時から、時効は再び進行を始めます。

第2に、犯人が国外にいる場合、または、犯人が逃げ隠れているため有効に起訴状の送達等ができなかった場合にも、時効は停止します。この場合、犯人が国外にいる間、または逃げ隠れている間、時効は進行を停止します。

傷害罪の時効に関する弁護士相談

友人とケンカをして絶交しました。それ以来、「以前殴られたのは傷害罪だから警察に訴えてやる」と言われています。

その友人とは大学以来のつき合いです。卒業後も親交が続き、お互いに家庭ができた後も仲良くつき合っていました。5年ほど前にとある事でケンカをし、私が相手を殴って頬骨にひびを入れたことがありました。その後仲直りをしたので、その件は不問になっていました。

ところが先日、またその友人と仲たがいをし、今度こそは決定的と思われる仕方で絶交をするに至ったのです。その際、友人は「あの時殴られて骨にひびを入れられたのは違法だから、傷害罪で警察に訴えてやる」と脅されたのです。

本当にそのような行動に出るかどうかはともかく、5年ほども経っていればもう時効で、いまさら被害届や告訴を出しても仕方がないのではないかと思うのです。この傷害事件については、もう時効になっているのではないでしょうか?

ネットで、時効の起算点や期限、告訴期間について調べたのですが、いまいちよく分からなかったので教えてください。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017