逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 傷害罪で懲役になる?

傷害罪で懲役になる?

このページでは、傷害罪の法定刑と量刑相場や、傷害罪で執行猶予がつきやすいケースについて、解説しています。

弁護士相談では、ご相談者の個人的な悩みや不安について、弁護士から直接、詳しい回答を得ることができます。

傷害罪で懲役刑になる?

傷害罪で公判請求された場合(刑事裁判になった場合)、懲役刑に執行猶予がつくかどうかは、行為態様の悪質さ、傷害結果の軽重、同種前科の有無、被害者の処罰感情、再犯防止の取り組みなどによってケースバイケースです。弁護士に相談すれば、ご相談者の個別の事情に応じた回答を聞くことができます。

傷害罪の法定刑は?

傷害罪の法定刑は、1か月以上15年以下の懲役、または1万円以上50万円以下の罰金です。起訴(公判請求)され、刑事裁判になった場合は、罰金刑ではなく、懲役刑が求刑されるのが一般的です。

具体的な量刑・刑期は、行為態様の悪質さ、傷害結果の軽重、同種前科の有無、被害弁償・示談の有無、被害者の処罰感情の程度・内容、再犯防止の取り組みなど、個々の事案の特徴に応じてケースバイケースです。喧嘩が原因の傷害事件の場合は、喧嘩に至る経緯についてもある程度考慮されることになります。

傷害罪の量刑相場は? 執行猶予か、それとも実刑か?

傷害罪の刑事裁判では、裁判の終盤に、検察官から「被告人を懲役◎年に処するのが相当と思料する」などと、懲役刑を求刑されるのが一般的です。この場合、判決でも、特段の事情がない限り、懲役刑が言い渡されることになります。懲役刑に執行猶予が付かなければ、そのまま刑務所に入らなければなりません。

執行猶予になるか実刑になるかは、「あなたの更生が社会内での処遇で達成できるか、それとも刑務所でないと達成できないか」にかかっています。この判断においては、上にも述べたように、行為態様の悪質さ、傷害結果の軽重、同種前科の有無、被害者の処罰感情再犯防止の取り組みなどが考慮されます。

執行猶予/実刑を分ける要素 ・行為態様の悪質さ
・傷害結果の軽重
・同種前科の有無
・被害者の処罰感情
・再犯防止の取り組み

下記の事案では、罰金前科が2犯あって初犯ではないという点は、悪い情状になります。もっとも、暴行は凶器を使わず素手で行ない、ケガの部位も身体の枢要部ではありません。被害者は処罰を望んでいるものの、自分から手を出したという落ち度があります。さらに、被告人は、今後は両親と同居し、日々の行ないを監督してもらうなど、再犯防止にも取り組んでいます。これらの点を考慮すると、執行猶予になる可能性が高いです。

傷害罪の弁護士相談

町を歩いていたら、向こうから歩いてきた男がぶつかってきました。それが発端で喧嘩になった件で、刑事裁判になってしまい悩んでいます。

その事件の経緯は、相手からいちゃもんをつけてきて、私もそれに言い返したので、険悪な雰囲気になったというものです。それだけでなく、相手の方が先に殴ってきました。私は左頬を殴られましたが、たいしたことはありませんでした。私が動じないのを見て、相手はひるんだようでしたが、まだ言葉で悪態をついてきました。

私は「お灸を据えてやろう」と思い、相手の胸ぐらを掴んで横に投げ飛ばしました。相手は体勢を崩し、指を地面に打ち付けました。その際、指を骨折したと聞いています。

騒ぎを聞きつけた警察官が来て、事情を聴かれました。私は傷害の同種前科が2犯あり、2つとも罰金になっています。この前科があるせいか、ケガを負わせた私が一方的に悪者扱いされ、検察に書類送検されてしまいました。

弁護士を通じて示談を申し出ているのですが、相手は応じようとしません。結局、前科が響いて、今回は罰金では済まず、公判請求されてしまいました。

私は、これまでは1人暮らしをしてきました。しかし、今後は行ないを改めるため、実家に戻って両親と同居し、家業を手伝いながら、両親から行ないを監督していってもらうつもりです。ですが、もし実刑になってしまうと、実家に戻ることもできなくなってしまいます。私は執行猶予にはなれないのでしょうか?

ネットで調べたところ、傷害罪の法定刑と刑期の相場は違うことを知りました。懲役刑や罰金刑になるとして、その量刑はどのようにして決まるのでしょうか?初犯で実刑なる事件もあれば、前科があっても執行猶予になる場合もあるようです。普通の喧嘩でも、執行猶予ではなく実刑になっている人もいるので、心配しています。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017