逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 傷害罪で罰金刑になる?

傷害罪で罰金刑になる?

傷害罪で罰金刑になる?

このページでは、傷害罪で罰金になる場合や、実際に刑事裁判を免れて罰金で済んだケースについて、解説しています。

弁護士相談では、ご相談者の個人的な悩みや不安について、弁護士から直接、詳しい回答を得ることができます。

傷害罪で罰金刑になる?

傷害罪で罰金刑になるかどうかは、暴行行為・手口の悪質さ、傷害結果の重大さ、被害者の処罰感情、同種前科の有無など、様々な要因によって左右されるので、ケースバイケースとしか言えません。弁護士に相談すれば、ご相談者の個別の事情に応じた回答を聞くことができます。

  • 初犯だと起訴猶予で済む? 罰金になる?

初犯の傷害罪だからといって、必ずしも起訴猶予(不起訴処分)で済むわけではありません。暴行の態様が悪質だったり、傷害の程度が重たい場合は、略式罰金になる可能性があります。また、凶器を用いたケースや、後遺症が残るような重たい傷害のケース、長期間に渡って繰り返された傷害のケースでは、初犯でも刑事裁判になる可能性が高いです。

他方で、とはいっても、初犯の事件は、前科が複数ある事件と比べて、起訴猶予(不起訴処分)で終わる場合も多いです。特に、被害が軽微で、相手方と示談が成立し、今回の事件を許してもらっているような場合は、まず確実に不起訴処分になると考えて差し支えありません。特に、示談が成立して、相手方から許してもらっていることが重要です。

  • 同種前科1犯だと起訴猶予で済む? 罰金になる?

刑事処分の結果は、前科の内容によって大きく異なります。同じ「傷害罪の前科1犯」でも、前刑が「罰金10万円」「懲役1年、執行猶予3年」「懲役5年実刑」のいずれかで、その意味は大きく変わります。

また、前回の裁判(又は刑務所暮らし)が終わってからどれくらいの期間が経過しているかも重要です。刑事裁判が終わってすぐの傷害事件(又は刑務所から出所してすぐの傷害事件)と、裁判が終わってから15年後の傷害事件では、同じ「傷害罪の前科1犯」の事件でも、当局に与える心証が変わってきます。

このように、「同種前科1犯だと起訴猶予で済む?済まない?」との質問には、一概に回答することが難しいです。ご相談者の個別の事情に基いて、一つ一つ検討していく必要があります。

  • 傷害前科(同種前科)がある場合でも罰金刑で済む?

同種前科がある場合、傷害の手口が悪質だったり、重大な傷害結果が生じていたり、被害者の処罰感情が厳しかったりすると、略式罰金ではなく公判請求となる可能性が高くなります。検察官から「こいつは同じことを何度も繰り返して、まったく反省していない」と判断され易いからです。

これに対して、同種前科が複数ある場合でも、手口が悪質でなく、傷害結果が重大でもなく、被害者の処罰感情が厳しくなければ、略式罰金で終わる可能性が残っています。そのため、同種前科が複数ある場合に、公判請求を避けるためには、示談を交わして被害者から許してもらうことが重要になります。

傷害罰金の弁護士相談

男性を殴ってケガをさせてしまい、検挙されました。示談はできたのですが、傷害の罰金前科が1つあります。同じような前科があるせいで、今回の件でも罰金になってしまうのではないかと心配です。

今回の事件は、酔っ払った末のトラブルです。酔って街を歩いていたら、向こうから歩いてきた人とすれ違いざまに、肩がぶつかったので、「痛てえじゃねえか」と因縁をつけました。すると、相手も反抗的な態度だったので、胸ぐらをつかんで殴ってしまいました。

相手は顔面に打撲傷を負ったと聞いています。その件で警察に取り調べを受け、弁護士に依頼して相手と示談してもらい、許してもらうことができました。

私はケンカっ早い性格で、実は以前にも酔って人を殴り、ケガをさせて捕まったことがあります。その時は、示談もできず罰金になっています。

処分を決められる際には、同じような前科があると不利になると聞いたことがあります。私がまさにそのケースで、今回も罰金になってしまうのではないでしょうか?また、罰金になるとすれば、罰金刑の相場はいくらでしょうか?

両親としては、初犯ではなく、前科がある場合は、慰謝料の金額がいくらか高額になるのではないかと心配しているようです。起訴猶予を狙って示談をするにしても、相手に払う慰謝料の金額があまりに高額になるのであれば、難しいかもしれません。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

傷害事件のよくある相談

傷害・暴行事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧め致します。

傷害・暴行事件を数多く取り扱ってきたアトム法律事務所では、ご相談者のこのような要望にお答えするため、LINEで相談窓口を設け24時間体制で無料相談を実施しています。深夜でも土日でも、ご相談者のご都合のよい時に相談内容を書き込んでください。担当のスタッフ及び弁護士が対応いたします。

また、弁護士との対面相談を受けることで、より具体的な解決方法を模索し、弁護活動のプランや弁護士費用について見積もりを知ることができます。弁護活動のご依頼は、明確で安心できる弁護士費用をご確認いただいた後、書面にて行います。

弁護活動の着手は、ご契約をいただいた即日から可能です。特に、被害者との示談の話し合いはタイミングが命です。早い段階で着手し、話し合いをスムーズに進めていくことが大切です。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

© 2016 Takeshi Okano
Last Updated Mar. 2017